塾講師の仕事にはどんな能力が必要?

塾講師になるためには

塾講師の仕事に興味はあっても、自分に向いているかどうかが心配で、一歩踏み出せないという方もいらっしゃると思います。学校の授業内容以上に高いレベルが求められるというイメージがあり、経験されたことのない方にはハードルが高い仕事に感じられるかもしれません。実際には、どのような能力が求められているのでしょうか。当サイトでは、塾講師に必要とされる能力や適性についてご説明します。

塾講師になるための採用試験には、学力と適性を測るための筆記試験と、人間性を見るための面接のほかに、実際の講師のように授業または問題解説をさせる模擬授業を採用している塾もあります。筆記試験で出される問題は一般的に公立高校の入試レベルであることが多いと言われますが、例えば中学入試専門の塾など、教える内容によっても採用試験の問題傾向は異なってきます。模擬授業に関しては、経験されたことのない方も多く、決してプロ並みの授業内容が求められるわけではありません。大きな声が出せるかどうかや、多くの生徒の前に立って授業する度胸があるかどうか等の適性がチェックされています。塾講師の仕事には、能力にだけではなく適性も重要であるからです。

塾講師に求められる能力と言えば、学力や学歴が重視されるイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、必ずしも最重要とは言えないということについても、別のページで解説します。また、すでに経験を積んでいる方や、プロの塾講師を目指す方のスキルアップのために役立つ資格についても解説します。このサイトを通じて、塾講師の仕事への興味を深めていただければ幸いです。